2007年12月06日

着物のバッグ

冬に着物で外出する時、冬しか持てない雰囲気のバッグを合わせたいな・・・と常々思っていたので、かなり自分用という視点で制作しました。

何時も着物の時に持つバッグは、AKA+Hの中で着物との相性が良さそうな物を使っていますが、プリント作品として制作するので表はもちろん柄モノ。
真冬はベルベットのコート、もっと寒ければショールなど無地の面積も多くなるので、その場合はプリントでもバランス取れますが、羽織を着る場合は、着物・帯・羽織となり 「柄 ON 柄 ON 柄」。
その上バッグが柄となってコーディネートがしつこくなる時もありました。

071206.jpg

白のラビットファーを使って軽く、大きなダリア模様のプリントテキスタイルを裏生地に使いました。
毛皮だけだとAKA+Hらしさが出ないので、サイドのレザー部分にダリアをイメージした革のアップリケをポイントに。

関連記事 − 着物のバッグ 2
posted by AKA at 10:10 | Comment(0) | 和装小物について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: