2007年10月18日

菊は着物の定番ですか?

菊の着物071018.jpg

自分で好きな着物を選んで良いと言ってもらえる年齢になった頃には
「菊が一切入っていない柄を!」
とリクエストしたくらい、ずぅーと菊まみれだったので 「もう勘弁して」 という気分になっていました。

初めて誂えた朱色の訪問着は大きく大胆な菊の紋様で、高校生の時作ってくれた着物は小菊と鹿の子模様の小紋でした。
成人式に用意されたのは金糸の刺繍の入った菊などの百花紋様の振袖、その後誂えた付け下げ着物は、落ち着いた柄行でもしっかり菊は居ました。
他にも菊柄の紬とか帯の柄も菊が入っていて、更に長襦袢は菊模様って有様。
着物といえば菊の模様は必須と思ってたくらいです。
(母は無意識に選んでいたと言うでしょうがまるで皇室フリークのよう)

今は・・・やっぱりアレルギー反応アリで、秋〜正月までの間に思い出したように着るくらいですが、それだけ偶然集まったのは子供〜老人まで日本人には似合う柄だから多用されているのだと思います。
今日は久々に菊づくしで秋の着物コーディネートにしました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: