2007年10月10日

グランドカバープランツ

ガーデン071010.jpg


すごく小さな隙間や日陰でも植物は以外に元気に育つことは大根で立証済と思いますが、カタバミやコケ類なども極小スペースで増えていき、最近では黒系やシルバー系の面白い色合いの品種も続々出回っているようです。

自分の家の周囲を綺麗に(簡単に)キープするため、多くの家がコンクリートを流してしまうのがすごく殺風景で勿体無く感じていて、こんなところにも日本人の清潔フリーク&とりあえず感覚が現れていると思ってしまうのです。

植物のある庭を綺麗な状態にキープするのは、確かに根気と忍耐と努力が必要なので、ついつい計画段階から敬遠しがちなんですが、雑草的生命力のあるグランドカバー用植物や、ロックガーデン用植物を敷石の隙間に植えるだけでグリーンの絨毯で家が素敵に見えそうなので、フロントガーデンがあったら是非やってみたいです。

おまけに地球環境改善にも協力できそうな気がします。
posted by AKA at 12:35 | Comment(0) | 植物の色
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: