2007年09月10日

優柔不断症候群

070910.jpg


食事などメニューの選択肢が多いと 「何が食べたいのだ自分?」 と散々悩む。
そして、「○○ちゃんは何をオーダーするんだろう?」
(できればカブらずに注文して、そっちのも少し貰いたい・・・)
のような厚かましい気持ちになるのですが、女性の場合思い当たりますよね。

食べ物に限らず、選ぶ物が多いほど検討に時間がかかるし失敗したくないから必死のカケヒキとなってしまうのです。
だから一番最良なのは 「 こちらは全種類入っております 」 というすばらしい商品です。

次はどんなかなぁ・・と違ったものを少しづつ試したり食べたり出来る方が、間違いない一品とずぅーと付き合うより充実の時を感じられる事もあります。
中には少々好みでない物や明らかな失敗が混ざっていたとしても、この場合気にならないのは売り手も買い手も平和に収まるアソート協定と言えるかも。

中学生になった時、【 お子様ランチは12歳までとさせていただきます 】 の表記を恨めしく見たのは言うまでもありません。
posted by AKA at 09:11 | 色々な時間