2007年09月03日

草履のお誂え

070903.jpg


以前から注文したいと思っていた草履のイメージにピッタリの小花柄の小紋があったので、今までは縁遠かった淡くて可愛いピンク系の鼻緒を合わせようと、イメージを伝えてオーダーしたのですが・・。

この生地の柄は右から左へ花模様が細かくなる花のグラデーション。
私の注文は 「 細かい花柄を草履の表面に 」 でしたが、職人さんから電話で 『 細かい花が側面じゃないと左右の模様の差が出る 』 との事でそこは妥協。
着物反物の巾は模様の出し方に制約があるのでお誂えの際は要注意ですね。

一ヶ月半経って取りに行くとまだ台しか出来ていない? なぜそんなに・・・

私の注文したシェルピンクと藤色のコンビの鼻緒の生地が欠品で作れてない、いつ織り上がるかも不明とのこと。
いつも鼻緒は好きな生地を持ち込んで誂えてもらっていたのに、ビロードでいいからと気を抜いたのが悪かったのです。

台は表の面が小さいお花のストライプみたいでいい感じですが、鼻緒は結局お得意のグリーン系になってしまい、着物の色あわせはしやすいですけれど、乙女全開! なピンクだったらどんなお草履になったのか、ちょっと心残り。

鼻緒のお誂え のページへ
posted by AKA at 09:00 | Comment(2) | 和装小物について
この記事へのコメント
いつぞや見せてもらった布地ではないですか。
この組み合わせはMIYAちゃん色といいますか安心感はあるけれど、やはり最初のイメージのものも見たかったかも。(後悔心を助長してるわけではないのですが・・)
でもお草履自体は大変プリティです。

最近、ピンク克服!と向かい合ってるようですが
ピンク好きな私はとても楽しみです。
展覧会の準備大変でしょうけどがんばってくださいねー。
Posted by maki at 2007年09月03日 11:04
なんでもそうでしょうが、履物のフルオーダーは難しいものですね。
無難にするとオーダーまでする意味合いって? という感じだし、
冒険するとチンドンヤになって履物ばかり目立ってしまうし。
洋服で靴を選ぶ時は靴勝ち!みたいなのもアリですが、草履は着物の裾がかぶるから調和を大切にしつつ「おっ!」って感じの頃合がイイ。

またピンク世界に浸れる素材を思いついたらオーダーするわ!
Posted by MIYA at 2007年09月03日 12:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: