2007年07月16日

染める色

今は秋物のテキスタイルプリントの色を検討中です。
色はただ単にその色だという事実以外に、それぞれ色の持つ特定のイメージがあるように思います。
緑を見ると葉っぱ、ピンクはお花、青は空とか・・・だから時々悩ましい。

070716.jpg

図案の森の部分をサンゴ色にしたら森っぽく無くなるだろうか?
できるだけグリーン系のほうがやっぱり自然な感じで好まれるかしら?
空をピンクにしたら気味が悪いかな?等々

絵なのだから自由に、という気合の入った色合いの絵をみると楽しくなる反面
「この色合いを日々使う気分になるかしら?」
と布になった時を思い浮かべて首を振る。
自然界にない取り合わせの色は、ある程度のレベルを超えると落ち着かない居心地の悪いものになってしまうので、面白味と自然な綺麗さのバランスは絶妙に保たれていないと・・・と個人的に思うのです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: