2007年07月09日

蔦の花

070709.jpg


自分の家に蔦がない頃は、蔦の花が咲いてることすら気がつきませんでした。
そのぐらいちっちゃなものですが、蕾の時は実をつけはじめた葡萄みたいでかわいらしいので一輪差しに活けてみました。

母の作ったステンドグラスの照明のベース部分が木の実の模様だったので、その傍に置いてみて、しみじみと「モノ作りって血筋かしら?」と思う。
父は手先が器用で食器棚とか家の物を良く作っていたし、祖母は和裁師でした。
母も仕事にしていた着物の事以外にもレース編み、刺繍、陶芸、七宝、ステンドグラスと常に何か作っているヒトです。

何かしないではいられない・・・って血が騒ぐのかもしれません。
posted by AKA at 09:53 | Comment(4) | 布のアトリエから
この記事へのコメント
このステンドグラス、ママが作ったの!?
とってもおしゃれ。パリの蚤の市で買いました、って言われても信じちゃいます。
この配色はママと打合せしたの?MIYAちゃんぽいよ。

話それるけど、
色彩学の授業でやった配色パターン作り。(色紙貼ったりして)
淡いブルー系に赤系の組み合わせがすごくMIYAちゃんらしいって思った覚えがあるのよね。(違ってたらごめんなさい。)

Posted by maki at 2007年07月09日 11:11
ママは私に負けず劣らず色モノ好きで、これも偶然の産物なのです。
消している時は地味なのですが、点灯したとたんまったく違う物に見えるガラスマジックです。

それにしても色彩学のパターン授業の事はまったく覚えていない・・・。
でも記憶違いじゃないんじゃない、だってこのプログの配色そのものだものね。
Posted by MIYA at 2007年07月09日 11:34
素敵!この写真でも丁寧に作られてるのが伝わってきます。
宝物だね。
Posted by pato at 2007年07月13日 04:43
こんなに褒めてもらえるなんてママは大喜びすると思います。
Posted by MIYA at 2007年07月13日 09:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: