2019年08月16日

奥黒部 雲の平 水晶岳 黒部五郎岳への旅 その3

登山190816_1.jpg


3日目の朝に水晶岳の頂上へ。
3日目でようやくそこそこ有名な山の、山頂らしい山頂に立つという秘境っぷりを実感しました。

登山190816_2.jpg


2日間登り続けて稜線に乗ったので、今日は水晶岳・ワリモ岳・鷲羽岳・三俣蓮華岳といくつかの山を登ったり下ったりしながら爽快なルートを歩きます。

登山190816_3.jpg


想定時間も余裕があるので、のんびりゆったりと縦走路を満喫する一日。

今まで登った山は、遥か遠くにでも村とか、人の住む明かりなどが小さくでも見えたりしたものですが、ここは北アルプス最奥地。
360度どこを向いても山しか見えません。
その深さがしみじみと体の中の何か大切な部分を充填していくような感じさえします。

登山190816_4.jpg


心は満腹なのですが、登山をしてると相変わらず直ぐにお腹は空腹になっちゃう。
小屋が見えた時には、何を食べようか、って事ばっかり考えながら下ってました。
最高の景色を見ながら、
パスタ?
うどん?

でも、やっぱり

登山190816_5.jpg


オムライス!

この最奥地でケチャップライスのオムライスを食べさせてもらえるなんて・・・・小屋って有り難い。

10時過ぎに食堂に入ってオムライスを注文したら、最後の一皿のようで、友人はオムライスにありつけずミートソースになっちゃった。
でも、シェアして食べるから大丈夫。
一人で行って、目の前でお目当ての食べ物が売り切れたら悲しいよね。

登山190816_6.jpg


登山190816_7.jpg


満腹の後も、雪渓、お花畑と視界すべてが豪快な変化に富んだ自然を満喫。
13時過ぎには目的地に着いて、最終日のロングルートに向けてゆっくりと体を休め、夜には満天の星空まで堪能できました。
posted by AKA at 21:14 | 山旅