2019年08月15日

奥黒部 雲の平 水晶岳 黒部五郎岳への旅 その2

2日目はいよいよ念願の雲ノ平へGO!

登山190815_1.jpg


昨日、谷へ下る時に鬱蒼とした地味な山が目の前に鎮座していて、
「この山が噂の雲の平へ上がる急登だな」
って覚悟はしていたのだけど、朝一番、2時間のヌルヌルのゴロゴロ岩の登りは中々しんどかった。
多分、谷へ下って直登を上がるというアプローチがなかったら、雲ノ平は “ 日本最後の秘境 ” といわれる場所にならなかったんじゃないか?と思う。

途中ですれ違った年上の女性は
「 何で(我々登山者は)こんな事してまでこんなところに来るんだろうねぇ 」
ため息交じりにつぶやいて去っていった。
おっしゃるとおり、下りも相当膝に負担がかかるでしょうねぇ。
とにかく、事前に分かっていた事なのだから、無の境地で楽園目指して淡々と登る。


登山190815_2.jpg


想定時間どおりで雲の平の入り口にたどり着くと、今日の目的地、水晶岳が目の前に現れた。
15時までに更にあそこの上まで登るのか・・・何だか遥か彼方に感じるけど。


登山190815_3.jpg


アラスカ庭園を過ぎ、アルプス庭園の付近まで来ると、本当に素晴らしい景色が広がっていました。
しかも、人の姿は見当たらない。
楽園というのは、景観が美しいだけでは成り立たないかもしれない。
美しい景色の中にうじゃうじゃ人が居たり、観光バスが並んでいたりしたら、そこは楽園と感じなくなってしまうものじゃないかと思う。


登山190815_4.jpg


雲の平にポツンと建つ雲の平山荘。
カワイイ小屋でした。
この景色の中、この小屋で泊まってまったりと過ごすなんて贅沢な旅もしてみたいな。


登山190815_5.jpg


雲ノ平は本当に心から来てよかった、と思える場所でした。
ここを見ずに登山人生を終えたら、後悔どころじゃ済まなかっただろう。

日数がかかる秘境なので登山者は多くないと聞いていましたが、この日は日曜日にもかかわらず、数組しかすれ違わなかったのは本当に驚きです。
恐らく、お盆休みとシルバーウィーク以外なら “ 独り占め ” 的な気分を満喫できる場所なのかも。


雲の平を満喫したら、次の目的はピークハント。

登山190815_6.jpg


絶景を堪能しながら先へ先へと進んでいくと、遥か彼方に思えた水晶岳も目の前。

登山190815_7.jpg


ちゃんと予定時間に水晶岳の稜線に到着して、最高の天気で2日目が終了しました。
posted by AKA at 12:30 | 山旅