2019年05月16日

ミニマム系のキャンプ

190516_2.jpg


モクレンや桜が咲いて、山の上もようやく春らしくなってきたので新緑まで待ちきれず、週末にちょこっとキャンプをしてきました。

テントを張った後に
「 やれやれ温かいお茶でも入れますかねぇ♪ 」
の段階になって、よりによってコンロを積み忘れた事に気づく。
ガスボンベを握りしめ、取りに帰るかどうかを三回くらい頭でグルグルした結果、箱の片隅の定位置に登山の相棒のバーナーが、『私がいるじゃない』と安心させてくれた。

もう全部のメニューをシングルバーナーで作るしか無い、と決意。
結果、何の問題もありませんでした。

“ あったら便利 ” と “ 無いと不便 ” は似て非なる物なんですね。


190516_1.jpg


食べて、のんびり、をひたすら繰り返し、日が暮れればすることは完全に無くなり就寝。
静かな夜でした・・・。
21時前くらいまでは・・・。

そんな時間になってから真っ暗闇に一組やってきて、場所探しと設営を始めました。
選ばれた場所は不幸にも私達の近く。
大量の荷物や家具をガチャガチャ運び、暗闇で2ルームテントとタープまで建てようとしてます。
ペグを地面に叩き入れる振動はこちらまで伝わってくるし、暗くて作業が進まないのか、あーでもないこーでもないと会話も喧しい。
とりあえず、寝る場所だけ確保して残りは明日にするという考えは無いのかしら?

翌朝も夜に建てた位置が気に入らず、やり直しでまたまたドンドン・ガヤガヤ。
午前中には、別荘みたいな凄いのが出来上がってました。

グランピングはよく知らないジャンルですが、こんな大騒ぎの果の豪華なキャンプなら、あっという間に設営撤収が出来て潔いミニマムキャンプの方が私の性に合ってるなと、今回愛用のバーナーとお隣さんが教えてくれました。
posted by AKA at 19:29 | 色々な時間