2018年08月02日

真夏の大雪渓

暑い日が続く最中、天然クーラーを味わう絶好のタイミング♪
これ以上涼しい場所は日本列島には無いはず、ということで大雪渓に行ってきました。


180802_1.jpg


間違いなくひんやり〜、なのですが、ドライアイス状態な冷風と生ぬるい風が頻繁に入れ替わる不思議な空気。
3時間睡眠くらいで来た為か、雪渓の後半1時間くらいはボーーっとなり、アイゼンのザクッザクッという規則的な音と、白く変わらない景色の中で眠くて眠くてたまらない。
登山中に眠くなるなんて、ちょっとない経験です。
時々左右の崖からガラガラッと聞こえる落石の音でハッとし、またぼんやりの繰り返し。


180802_2.jpg


涼しいけど淡々とした雪渓を2時間かけて通過したら、素晴らしいお花畑!
ようやく景色が変わって眠気から開放されヤル気が戻ったのは束の間でした。


180802_3.jpg


急斜面を登っても登っても、どこまでも花園!
だけど容赦ない紫外線攻撃が待っていた。
暑くて暑くて汗ダラダラ、完全にバテバテ。

稜線手前の水場で、頭が痛くなりそうなほど冷たい雪解け水をがぶ飲みして、ちょっと生き返る。
あの水が無かったらどうなってたことやら・・・。

最高の景色の中でお茶とおやつを食べるんだ!
ほぼその一念で登りきりました。



180802_4.jpg


この日のおやつはクロワッサンラスクを手作りして持って行きました。
サクサクの食感とバターと甘さが生き返る〜♪
このひと時の為に歩いたのだ。


後半とんでもなくペースダウンした感覚になってたけど、結局ほぼコースタイム6時間+休憩で登れたので、暑すぎて気力負けしていたんだと思う。
こんな所まで猛暑が押し寄せているとは、本当に地球が心配になるわ。

予想外の暑さでしたが、登りきってしまえば体温上昇も納まって体調は完全復活で絶景の休日を楽しめました。
お目当てのウップル草は早い梅雨明けの為に完全に終わってしまい、枯れた穂が並んでいるだけだったのが少し残念だったけれど、翌日も稜線歩きを満喫して大満足な夏休みになりました。
posted by AKA at 17:26 | 植物の色