2007年06月26日

開花予想

070626.jpg


日照時間や雨量や最低温度や最高気温や湿度・・・etc.
当然のことながら天候パターンは毎年毎年違いますが、人間にとっては些細な違いでも、植物はその点すごい感知能力なので、「今年はこんな天候だったよ」 と色々な成長表現で教えてくれるので鈍い人間としては感心するばかり。

そんな植物達の花が何時咲くかは、鑑賞者にとっては一大関心事。
見たい植物が何処で何分咲きで株数は、と入念にチェックして出かけて行っても、花芽の付きの悪い年だとか色々違いが出ますよね。

湯の丸高原ツツジ平のレンゲツツジは例年より約一週間は開花遅れ。
例年だと今頃はほぼ満開を向かえているので出かけてみましたが、まだ全体的には5分咲きくらいの印象で山全体がオレンジカーペットとはいかず、ちょっと残念。
でも湯の丸〜鹿沢までの地蔵峠は見頃でした。
来週でも大丈夫だった・・・やっぱり人間のカンなんてあてずっぽうですね。
posted by AKA at 08:46 | Comment(0) | 色々な時間
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: