2017年08月12日

静かな尾瀬

尾瀬170812_1.jpg


ノロノロ台風の為、天気が悪くなっても呑気に楽しめる所を歩こうか、という話になり、上越エリアは好天だったので尾瀬ウォークしました。


ニッコウキスゲも終わり、戸倉の駐車場は車が少なめ。
7:30に鳩待峠に到着し、一ノ瀬から林道を走るシャトルカーに乗れば時間は大丈夫だろう、という判断で尾瀬ヶ原 〜 尾瀬沼 〜 大清水まで横断するコースにしました。
大清水から戸倉に戻る15:50の最終バス目指してスタートです。


尾瀬170812_2.jpg


軽装の日帰りハイカーは竜宮あたりでUターンされる方が多いので、その先に向かう人は極端に減ります。
貸し切りの尾瀬を満喫!


尾瀬170812_3.jpg


ほんの少し残ってる花を撮ったり、


尾瀬170812_4.jpg


峠の森できれいな色の葉っぱを撮ったり、
途中何度も休憩したりしてなかなか楽しい。
アップダウンも大きくないからって余裕をかましてます。


昼過ぎに尾瀬沼に着いて、まったりと昼ごはんタイム開始。


尾瀬170812_5.jpg


最近お手軽な山メシとしてハマっているのが冷凍お好み焼き。
突然の山行でもコンビニだって買えて、保冷材代りにもなり便利。
そして好物ゆえ、どんなに疲れていたとしてもいつでも食べれる。

そんな事を友達に話していたら、向かいのベンチの男性4人から
「 おい、おにぎり食べないか? 」
『 もう何にも食いたくないよ 』
そんなやり取りが聞こえてきた。
そうそう案外おにぎりもイヤになる時ってあるよね〜、すごく分かる。

特に暑くなる頃は食欲も無くなりやすいので、あんまり噛まずに飲み込めるようなものがいいんです。


しかーし、楽しんでいられたのはここまで!

気づけば残り時間は多くなかった。

最短で沼を横断する南側ルートを選んでドンドコ歩き、無言で登り、ガンガン降る。
レジャーというより部活動。
15:00のシャトルに乗ろうと言っていたけど、結局一ノ瀬に着いたのは15:20分だった。
終バス10分前に大清水に到着、ああハラハラしたぁ。


450分のルートを410分(+60分休憩)、そんなにタイムは縮まなかった。
当たり前だけど、たっぷり遊んでも間に合うぞくらいの余裕のスケジュールがベストですね。


尾瀬は訪れる人の体力や経験や嗜好に合わせて、宿泊・水場・交通機関・駐車場が整備されてます。
ハイク〜登山まで色々なルートが組めるので、まだまだ行ってみたいコースがあります。


尾瀬170812_6.jpg


徒歩3時間で草原のカフェなんかもある。
私は利用しないけれど、草原の中でのカフェタイムも素敵な思い出になるでしょうね。
自然の中に入るには雨具や最低限の準備は必要ですが、食事などの重さはお金で解決できちゃうので、トレッキング経験が浅くても安全に楽しめる所です。

★今回のコース、一般的には健脚向きとされていますので、初心者の方は2日間で歩きましょう。
posted by AKA at 18:45 | 植物の色