2017年07月13日

浴衣に帽子

帽子は大好きだし、着物と帽子をコーディネートするのはオシャレだと思っていたのですが、和装に帽子は似合う雰囲気の人だけの楽しみかなぁ、って思ってました。


170713_1.jpg


でも、浴衣なら自由な雰囲気で着れるので取り入れやすい。
日傘のほうが持ち運びに面倒という場合もあって、顔の日焼け防止くらいで十分なら帽子はやっぱり手軽。


帽子好きなのに、和装に帽子を合わせるのを躊躇させる一番の理由がヘアスタイル。
ロングヘアだと納まりが悪いし、前髪もぺったんこになる。


でも、浴衣なら帽子で少々髪が崩れてたって、そんなに貧乏臭い姿にはならないから被って出かけてみました。
ヘアスタイルも簡単で済むので支度が簡単。


170713_2.jpg


とにかく帽子の邪魔にならない様、できるだけ低くまとめてマジェステで留めました。
帽子なら簪より一般的なヘアアクセのほうが相性いいし、帽子に押されて髪が崩れてもやり直しができます。


ちょっと前からマジェステのラインナップが増えて嬉しい。
20年以上前からこの形状のヘアアクセを愛用していたけれど、以前は " マジェステ " なんていう名称は無かったような・・・。


「 すみません、髪をまとめた時にカーブした形のものを当てて、それに簪の棒状のものを突き刺して留める髪留め置いてありますか? 」
『 ああ、こんなのの事でしょうか? 』
「 そうそうコレです 」

ってな具合に私も店員さんも一切商品名を言う事なくやり取りするのが普通でした。
時には何を求めてるのか伝わらず、結局無いという事もあったり。
これからはマジェステって言えばいいんだから愛用者としては便利になりました。


着物に限らず、帽子の時はゴテゴテ飾りが盛り上がっていないから納まりが良くていいんです。
流行っているうちに色々なタイプを入手しておこう。
posted by AKA at 18:47 | 着物コーディネート 普段着