2017年01月04日

お正月の着物はやっぱり古典柄

出番の無い創作柄の訪問着をお正月に着ようと出してはみたものの、やっぱり大袈裟過ぎた。

一段格を下げて、付け下げ着物に袖を通すが、これまた古典柄で仰々しさは変わらず、何処に出かけるつもりなのか?という雰囲気になってしまった。


そういう訳で、あまり出番の無い着物を着るという事のみにターゲットを絞って選び直します。


着物170104_1.jpg


柄は気に入っているのに、どういう訳だか着ていない小紋。
小花がびっしりと配された柄を、無理矢理お正月っぽい色合いで組み合わせました。


翌日も同じ着物で初詣に行くつもりだったのに、やはり何かお正月気分とマッチしない。
またもや持っている事を忘れるくらい着ていない着物を引っ張り出す。


着物170104_2.jpg



御所解紋様+百花の小紋。
同じく総柄ですが、こちらは古典柄なのでコーディネートは難なく数分で決まりました。
古典柄って、DNAに何か刷り込まれているかのように、どうすれば自分の気分にマッチするのか即座に判断がつくから不思議。
派手めにするなら指し色はこのくらい。
大人しめにするなら、このくらい色を少なく。
15年くらい着ていなかった着物でも、そんな加減がパパッと決まっていく。


やはりお正月は古典柄の着物を着るほうが好きかも。
始めから無難に古典柄の小紋の中から選べば、お正月早々バタバタと着物を選ぶ事も無かったのに。
今後は無駄なあがきは止めることにします。



170104_3.jpg


初詣は織姫神社、というネーミングに惹かれて、足利までドライブ。


170104_4.jpg


1/1〜1/3は足利学校が無料開放してました。
何だか得した気分!