2007年06月09日

漆のキズ新修理法

070609.jpg


一般的に漆はすごくキズが付きやすくて漆器の管理も悩ましいですが、漆で地面を歩くとなればどういうことになるのか・・・
先日一度履いただけで表面がものすごい摩りキズになって少々驚いた! こんなに柔らかいんだ・・と。

さて、『 良いのもを買う・きちんとメンテナンスする・大事に長く使う 』 を子供の頃から徹底教育されてきているので、このキズを放置しておけないし、あと数回履いたらサンドブレスト状態で人前で脱げなくなってしまう。

とりあえず普通の下駄の手入れみたいに同色の顔料を作って塗る方法でキズを隠そうと色々な材料を試すものの、ピカピカした漆と同じ色になる物は皆無。
アトリエで試行錯誤していたら額装に使うアクリル板が目に入った。
この材料も相当キズが入りやすく、包んだ紙でも擦れ傷が入る厄介な代物。

「 そうだ!キズそのものを処理すればいいんだ 」

でも私は蒔絵職人じゃないから漆をコンパウンディング出来る材料は無いので、即ガレージへ直行し、車用のコンパウンドとキズワックスを取り出す。
塗料用の材料を漆に塗ったらどうなるか・・・
とりあえず効き目がゆるそうな『微粒子ワックス/ダーク色用』でチャレンジ。( それでも相当のチャレンジャーですが )

「 これは効く!」 繰返し乾かしつつ研きこむこと30分

写真手前の片方が磨いた後で、奥のは表面に白いキズが残っています。
キズ消し効果があっても仏壇を磨いたり、工芸品に使うのは問題だと思います。
効き目があるのが分かったら、漆のコンパウンドが欲しくなってしまった。

ちなみに奥の畳表の草履は草が切れるので、ケバが出たら楊枝の先に木工ボンドを付けて、繊維の隙間を埋めるように都度大切にお手入れします。


posted by AKA at 08:35 | Comment(2) | 着物のお手入れ 着付け
この記事へのコメント
ああ、キズの補修にそんな苦労があったとは・・もーしわけないっ!!(ひたすら汗・汗。。。)
でもチャレンジの甲斐あったことはその写真が物語ってて少し救われますが・・。
下駄を買う時は、つやのない濃い色を買おうと改めて固く心に誓ったのでした。
Posted by maki at 2007年06月09日 11:15
この話題記事にしたらMAKIが恐縮するだろう・・・と思ったけど、すごく効果があったので、同じ事で困っている着物人に参考になればいいかなと。
私もこんなにすごく柔らかい表面とは知らなかったのよ、最初に履いたのがMAKIだったから、驚かせてゴメンね。
だれが履いてもキズになるだろうし、傷がイヤならはなっから下駄は買わないから、誰が履いたからじゃなく単純にメンテナンス方法の話題です。
マジで気にしないでね!
確かに手入れを考えたら、エナメル革の草履が一番です。私も本漆はもう買わないかも。
Posted by MIYA at 2007年06月09日 11:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: