2016年06月09日

塩系インテリア

今はさっぱりとしていて色味がないアイテムでコーディネートしたインテリアを " 塩系 " と言うらしいですね。

長時間過ごす場所はそのくらい整然とした雰囲気のほうが落ち着くのかもしれません。
私も白系はやっぱりスッキリしていて好きです。
色が無い分、素材が引き立つ空間になるので、別の楽しみがあります。


週末に出かけた『 にわのわ 』のクラフトフェアでも、我家にピッタリの物を見つけてきました。


160609_1.jpg


かなり鉄っぽい金属質に見える黒釉の水差しです。
400mlくらいの容量なので色々使えそうですが、見た瞬間花入れにピッタリだと思った。

真っ白なアジサイを活けた様子まで浮かんできたので、即購入。


実際活けてみたらイメージ通りでGOODでした。


160609_2.jpg


早速、階段部分の空間に置いてみる。

我家の階段上は室内にも関わらず玉石になってるちょっと面白い仕上げ。
この水差しの質感と床がとても合っているようで、一見冷たそうな素材なのに、そう感じない小さな空間になりました。


160609_3.jpg


クラフトフェアはそれこそ、かわいらしくて素敵な物がどっさりです。

同行者のMちゃんSちゃんは綺麗な色の作品を沢山ゲットしてました。
彼女達の選んだ物は超魅力的なカラーばかり。


色を抑えた暮らしはスッキリしてて好ましいのは間違いない。
唯、色嫌いならいざしらず、美しいと感じる色を好きに持ち込めないのはかなり自制心が必要でつらいですね。
posted by AKA at 20:00 | 布のアトリエから