2015年12月18日

小さな鍋つかみ

今までミトンとか、手を入れるタイプの鍋つかみを使ってました。
プレゼントして頂いたり、オーブンに付属されていたり、" あるものを使ってる " という状況で、要は 『 鍋つかみ 』 というツールについて良く考えてみた事なかった。
結構必需品にもかかわらず。


今キッチンにある見慣れた指無し手袋タイプのミトンは、手首の辺りまでメチャメチャ汚れてる。

実は手をいちいち入れて使うのは面倒で、そのまま握ってしまう事のほうが多いから全体が汚れてしまう。
多分、鍋つかみが必要になるその前に、手に装着してスタンバイしている事が出来ないから。
1品だけ作ってるならいざ知らず、それを使う瞬間は突然やってくる・・・結局、ミトンとして使うべき状況にならないのでした。


その上、ダッチオーブン、スキレット、銅鍋、ケーキ型など、掴む必要があるのは汚れやすい金属製ばかり。
我家では軍手と同様、消耗品と捉えたほうが良さそうです。
多分、単純な平たいのがいいみたい。
シリコン製のワニの口みたいなのも、「 清潔に保てそうでいいかも〜 」って思ってたけど、全く不向きみたいです。( オーブン限定なら良さそうだけど )


鍋つかみ151218.jpg


善は急げで、使わなくなったキッチンクロスが大量にあったので、20cmくらいの小さな物をペアで4セット作ってみました。

今頃になって鍋つかみのシーンを色々と思い返すと、その辺りに置いてあるフキンを畳んで使っちゃう事も多かったから、絶対小さいのが使いやすいはずです。


キッチンクロスを袋に縫って、タオルを何重にも畳んで入れて、上からステッチミシンでズレないように縫うだけ。
雑巾よりちょっと時間がかかる程度の簡単なもの。

刺し子したりアップリケしたり、手間をかけるとカワイイけど、使うのが惜しくなっちゃいそう。
見苦しくない不用品、っていうくらいが我家には丁度いいと思う。


それにしても、持て余してたキッチンクロスが少しでも減ってよかった。
以前は色モノのクロスが可愛くって随分集めたけど、いざ頑固なシミが付くと、漂白剤でサッパリ落とすことが出来なくて、次第に濃色のクロスは使わなくなってました。

もともと丈夫な布なので、処分のタイミングが無くって、赤系でリメイクしたいアイテムも思いつかなくって困ってました。
今後は クロス ⇒ 鍋つかみ というルートを辿らせましょう。
posted by AKA at 19:24 | 布のアトリエから