2015年11月04日

ハロウィーンな着物カラー

ハロウィーンって私の周囲では盛り上がりは無いに等しいですが、今や季節行事として定着しつつあるので、着物でもこの時期はそれらしい色で着てみたくなっちゃいますね。


当然カボチャ的な色にすることしか思い浮かばないから
「 やっぱりオレンジの着物〜🎶🎶 」
だったのに、唯一のオレンジ色の着物は実家に置き去りにしていた事が判明すると一気にどうしたらいいのか分からなくなり・・・


着物151104_1.jpg


結果、茶色に落ち着いた。

オレンジの着物で黒の帯にしようと思ってたのに、反転した組み合わせ。
ま、" 意識して選んだ " ということに意義を感じて満足するのでした。


そして、ハロウィーン直下となった週末は、渋谷在住の友達が泊まりにきました。
逃避が主旨じゃなかったけど、できれば渋谷には居たく無かったらしくウチに来るならこの日が好都合だったらしい。

「 じゃあ、前々から山を歩いてみたいなぁ〜って話があったから、近場の低山にいってみよう! 」

っていうハロウィーンの休日としては真逆のような " 人のいないとこ " を楽しむ日になりました。


151104_2.jpg


山の上は紅葉も終わって、花も葉っぱも無い枯れ山状態だから、どうかな?と思ったけど。
天気も良くて、楽しんでくれている様子でヨカッタぁ。
コレで楽しめたなら、どんな山でも楽しめそうな気がする。


ハロウィーンって、そもそも祭り的な趣向だから、少人数単位だとあまり盛り上がらないイベントなのかな。
2・3人で仮装して、街に自分たちしか仮装してなかったら・・・・
だから、その気のある人が同じ仲間を求めて特定の場所に集まっちゃう。
大騒ぎのテンションとは真逆に、ちょっぴり小心者の日本人気質が見え隠れしてます。

正にみんなで渡れば怖くない。
( 昔から人と違うカッコを平気で出来る私は、日本ではそれはそれでどうか?と思ってますけどね )


その気が無い人にとって、あの騒ぎの真っただ中を移動しないと何処も行けないのは超ストレスで、家に居たくないのは分かる気がする〜。
posted by AKA at 11:55 | 着物コーディネート 普段着