2015年10月02日

北アルプスの紅葉

北アルプスの紅葉が先週末あたりから見頃です。
10月1週目は例年の紅葉ピークシーズンなので、事前に予定している方々で混みそうな予感がして今週行ってきました。

夏のお花畑シーズンより期間の短い紅葉シーズンのほうが混みやすく、週末は細い登山道が行列のよう渋滞してしまうので、9月末の、しかも平日に済ませてしまって正解でした。


151002_1.jpg


自分のペースで歩ける程よい間隔をキープ出来て、写真ものんびり撮れたし、紅葉も綺麗でした。
他の登山者の方々もゆったりと山歩きを楽しまれてて、ひと時見知らぬ同士短い会話を楽しんだり、慣例となってる 「 こんにちわ 」 の挨拶の後に、下る人は登る人に 「 いってらっしゃい 」 を声かけしたり、同じ部活の仲間的な和やかな空気が山を包んでるようでした。


151002_2.jpg


9月に紅葉する場所は、まだ秋の気分にチェンジしていなくて行き逃してしまう事が多いので、ちょっと弾丸気味の実行となったけど、早くも秋を満喫できて大満足です。


151002_3.jpg


山の上はハイ松帯なので紅葉とは無縁で、夏でも秋でもあまり様子は変わらないんですよね。
色づきが無いなら上がらなくてもいいのだけど、区切りがつかなくって登ってしまう感じ。

でもこういう眺めも清涼感が凄くて大好きです。


帰りに温泉に立ち寄ると、女湯には私とドイツ人女性3人のグループだけでした。
彼女達は 『 塩の道 』 をウォーキングで北上しているんですって、凄いと思いませんか?
日本語は全くしゃべれなそうなのに、コンビニもまばらな山間部を横断して、泊まるとこ探したり、名物を食べたり、温泉に入ったり。

海外からの方は本当に自流のテーマを持って旅を実行するな、と感心したり、色々な事を気づかされます。
それに比べたら登山なんて全然甘いですね。


「 大昔ですけど 」と前置きの上で、「 貧しい農村の農夫は塩の道を通る塩商人に自分娘を売ってたんですよ 」 と言ったら

『 え゛〜! 娘と塩を交換! 』

って、裸でかなりのリアクションしてて面白かった〜。
posted by AKA at 20:08 | 山旅