2015年07月06日

ウルトラ植物

POLA MUSEUM ANNEXで開催中のウルトラ植物博覧会を見てきました。


150706_1.jpg


希少植物の展示
といっても、園芸的目線になれば、単なる図鑑的要素になってしまいますが、造形美として鑑賞すればアート的要素は高い展示でした。


150706_2.jpg


白い空間と、弱めのライティングというのは、自然の中で植物を見るより奇異な姿を強調するには効果的ですね。
一歩入ると一気に集中力が高まります。

でも、植物たちにとっては過酷な生活環境のようでしたから、展示が終わったら、外の空気をたっぷり吸って、のびのび育ってほしいです。


150706_3.jpg


ぶどうの木に行ったら、とても可愛いティーポットが出てきました。

沢山の植物が大胆に描かれていて、ちょっとウキウキさせてくれた。
私はつくづく植物が好きなのね。
もしも、植物が身近からなくなってしまったら、このちょっとした喜びも無くなってしまうって事。
これからもっと良い関係になっていけたらいいな。
posted by AKA at 18:29 | 植物の色