2015年05月10日

春の登山

山桜150510_1.jpg


山も春です。
桜が満開でした。


カタクリ150510_2.jpg


登山道の脇にはカタクリの花があちらこちらに咲いていて、下界は春と思えない暑さでも、山はいつも通りの春を迎えているね・・・とホッとしました。


登山150510_3.jpg


まだ雪をかぶって白く連なる山々が良く見渡せたし、人はほとんどいないし、すごい開放感。

ゆっくり紅茶を入れてのんびり飲んでいると、近くにウグイスが留まって、甲高いメロディーを延々リプレイしてくれました。
その内にちょっと珍しい鳴き方の小鳥も加わったのだけど、そちらは知らない鳥だったので分からなくて残念。

一所にじぃ〜〜と動かずにいれば、案外あちらから傍に寄ってきてくれて、双眼鏡が無くてもバードウオッチングが出来るものですね。
そういう時 「 自分も人じゃなく動物になれたのかな 」 と、ちょっと嬉しくなります。


そして、衣替えと同時に山用品も色々引っ張り出して、地味なザックをもうちょっとカスタマイズできないかと思案中。


ザックのデコ150510_4.jpg


『 山ガール 』 というアイテム増加の有難いブームが到来する以前、トルソーサイズが奇跡的なフィット感で、堅実で地味な路線だったから購入したザックです。
当時の山は地味でしたが、それにしてもマニッシュ過ぎる選択をしてしまった。
でも、色物を選ぶとすると、真オレンジ、真っ黄色、とかエマージェンシー的な色になってしまう時代だったのです。

荷物が多い時しか使わないので、10年以上経っても全く何処も痛む様子は無い。
こうなると、同じ容量クラスのザックを買換える日はくるのか分からないし、多少気分転換したくなります・・・。
とりあえず持ってた犬のワッペンを縫い付けてみたら、ほんのちょっぴりだけ可愛くなったような・・・。
元が地味過ぎてカワイイ要素が全く合わないので、不自然じゃないレベルだとこんな程度で我慢かな?


『 不必要な物は不自然 』 これが山での感覚だと思うので、山道具をデコるって発想が、そもそも頭がユルんでるんですね。
でも、このザックが目につくたびに、う〜〜と悩ましくなるのでした。
posted by AKA at 09:50 | 植物の色