2014年08月10日

夏の着物なのに夏に着ない着物

久々! 絽着物。
主に7・8月用の着物なのに、梅雨が明けたら暑すぎて着ることがない着物。


絽の着心地を忘れていたくらいです。
優しい肌触りにほっこり。

つまり、炎天下の下ならほっこりとホットな感じという事です。
花子とアンでも夏着物のシーンは多くて、
「 絽着物かぁ、いいなぁ 」
って思ってました。


着物140810.jpg


台風の影響で気温が低めだったので、今年一度のチャンス?!

着物は水玉、帯も水玉格子。
その上半襟を水玉にしたら度が過ぎたので、ふんわりした色にしました。


帯は派手でも地味でも大丈夫な着物ですが、こういう細かい柄は体が間延びしたように縦長に見えるのでそれが難点ですね。


更に縦長の印象の要因の一つが、この日着ている絽の長襦袢。
用途からしてガバッと衿を開けて着ることがないだろうと繰り越しの幅は並にしているのですが、今日着てみて、もう少し横幅を開けて衿のVラインの角度が広いほうがいいと思いました。
左右の開きがもう少し空いているほうが印象が柔らかいかなぁ・・・。


着付けは長襦袢次第だし、衿の角度で雰囲気が相当変わってしまうので、重要な部分です。
この長襦袢も繰り越し下がり・衿下がり ( 後ろ姿 ) は問題無さそうなので、繰り越し幅と剣先の位置を縫い直して、もう少し衿の角度を調整することにします。