2014年05月24日

名古屋帯を半幅帯にチェンジ

ちょっと前まで、普段着の着物の時も名古屋帯を締めてて問題なかったのに、近頃は紐の本数を極力少なくしたくなり、家では名古屋帯を使わなくなってきました。


「 もうこの帯はいいか・・・ 」
って思うようなものは名古屋帯のお太鼓部分を折って使っちゃったりしてました。


そんな風にするくらいなら半幅に作り替えれば良いのに、名古屋から半幅ってダウングレードって感じがして、帯が可哀想な気がしてたんでしょうね・・・。
( お太鼓折ったら同じ話なんですが )


着物140524.jpg


この帯も名古屋帯から半幅帯に作り替え。
随分出番が増えました。


ずっと半幅帯に脚光を当てずにここまでやってきたけれど、
「 帯の所有分量のバランスが悪いんじゃない? 」
などと、今頃になって自覚する有様です。


現在のところ
袋帯:15% 名古屋帯&平帯:80% 半幅帯:5%
こんな感じのバランス。

家で着物を着るわりに、半幅帯が全体の5%は少なすぎますよね。


多分私の暮らしぶりからすれば
袋帯:10% 名古屋帯&平帯:65% 半幅帯:25%
このくらいが良いのかもしれません。


自分のライフスタイルによって、必要な帯は人それぞれ。
余裕がある時、自分の着物のカテゴリーバランスをしっかり調べて、それにあった分量の帯を持つようにしたいな、と思いました。

新しく半幅帯を購入して増やすのでなければ、とりあえず名古屋帯を半幅にして減らすって事だろうと思うので、全通柄の帯の中で選抜しよう!


半幅帯って、お太鼓部の柄のような主役が不在のために惹きつけられる魅力に乏しくて、食指が動かない。
だからどうしても枚数が増えないのが不便の要因でした。
でも写真の帯みたいに、ちょっと派手に感じるようになったものも、半幅にすると気軽に使えて活用の場が増えるという事もありそうです。
posted by AKA at 11:18 | 着物コーディネート 普段着