2014年01月31日

着物の防寒 ケープとコートどちらが良い?

最近はケープのことをポンチョコートと呼ぶ事も多く、そちらの名称のほうが一般化しそうな気配なので、前記事ではポンチョコートとしましたけど、作った防寒着の形状からすると、正しくはケープですね。


袖が無いのはすべて共通ですが

・ ポンチョ ・・・ 頭を通す空きがあるだけのもの
・ ケープ ・・・ 前あきで、主に上半身を覆うもの
・ マント ・・・ お尻が隠れる以上の長さ、
 ( 短かい丈でもフード付きはマントらしい )


ケープっていうと、ドレッシーな物を思い浮かべる人も多くて、ポンチョコートのほうが響きがカジュアルでカワイイから、そんな風に呼ばれるようになったのかな?
もはや、ポンチョとケープは雰囲気の問題となりつつあるようです。


着物 ケープ140131_1.jpg


先週作った着物用ケープの着心地を早速試してみました。
ベーシックな柄と色の為、可もなく不可もない、至って普通な感じの仕上がりです。
こういうケープなら、着物が派手でも地味でもコーディネートは楽そうです。


作る際に最後まで悩んだのは丈です。

着物の袖が隠れるくらいの長さにすべきか?
全身のバランスのほうを優先すべきか?

仮縫いの段階で、袖の振りが全部隠れる長さのデザインは鬱陶しいと分かりました。
長い丈はトイレの際も扱いが厄介そうだし ( いちいち脱ぐ必要アリ? )、暖かいけど、重っ苦しいような気がする。

振りが見えてしまっても、このくらいの丈が私にはベストでした。


着物 ケープ140131_2.jpg


後ろは所作に関係ないし、帯の収まりもありますので、前より10cmほど長めです。


場所を取らないし皺になりにくいので、保管を考えるとコートとは違うメリットがある。
ケープはカジュアルで、洋服感覚のコーディネートをしたいときにはいいかな。
場所を取らないなら、色んな生地で持っておけるし。

でも、手を挙げたり等の腕の動きや、袖の扱いを考えると断然コートが良いという事になりそう。


最初の1枚というなら間違いなくコートでしょう。
でも、買う場合はケープのほうが安いし、デザインによっては洋服と兼用出来るから、そこに惹かれてしまいますよね。
着物を着る機会がかなり少なければケープもありかもしれませんが、これからも頻繁に着物を着るつもりなら万能な無地のコートが手堅い選択だと思います。

寒さ対策の点では、都心部ならケープで問題ナシですね。
posted by AKA at 23:49 | 和装小物について