2014年01月29日

着物のポンチョコートを作る

ストックされている布の整理で、2m程度の長さのウールが出てきたので、カジュアル着物用の防寒着を作りました。
ベージュのウールはフォーマルっぽい雰囲気の服になってしまいそうで、何も作らず放置されていたんですね。


着物のコートについては、最もそれに向いていそうな頂き物の翡翠色のカシミア生地がありまして、
・ロングコートにするべきか? 
・ポンチョ型にするべきか?
・ 衿の形とかどうするか?
何度考えても決められずに冬を越しているのです。
だって、気に入らないコートになったら勿体無いですもん。


そんな葛藤の中、ベーシックなベージュの千鳥格子のウールが出現したもので、
「 これなら確実にポンチョ向きだから予行演習しよう 」
となり、先週作ってみました。



着物コート140129_1.jpg


まずは型紙が無いので、そこからです。

着物の衿に沿うような型になるように想像しながらパターン決め。
衿の幅や形が一番悩むところで、細いのをどんどん幅広に5回も仮縫いして、やっと型紙が出来ました。
仮縫いって面倒なプロセスですが、やって正解。
衿1か所でもこんなに気に入らないものなんだ・・・と再認識しました。
アウターは型紙が命ですね、ちょっとした1cmくらいのカーブや角度の違いでもドレープが変わってしまいます。


こんな感じに完成です。
制作時間のほとんどが型紙作りと言っていい。
1着で用済みになるのは、あの型紙がかわいそうという気がするが、だからといってカシミアもこれにしちゃえ、という横着な考えは良くないですよね。
着心地なども考慮した上で決めねば!




着物コート140129_2.jpg


衿の合わせはダブルで。
前の衿も随分太目なんですが、細いヘチマ衿より安定感増します。
衿を前の途中で終わらせるデザインも一般的ですが、私には可愛らし過ぎて似合わなかった・・・。

大き目のボタンが上前身頃の生地より前に出っ張ると、やはりカワイイ感じが増徴されるので、ボタンホールは不採用。
センターから出来るだけ外して、ループ留めにして、衿より控えめな感じになるようにしました。
posted by AKA at 19:54 | 着物まわりの小物を手作り