2007年03月31日

アップリケと刺繍

070331.jpg


水彩画のように着彩したテキスタイルプリントをわざわざ切り取って別のプリント生地にアップリケしています。

着色は一枚一枚していますが、いつも同じ図案に見えるよりも
そうした手間をかけて完全にオリジナルにしたほうが生地に個性が出ます。
アップリケすると布の印象に奥行きのようなものができて
より風景らしくなります。

量産の生地でも花柄などの大きな模様は柄のラインに添って切り抜いて
同じ模様の位置にアップリケすると、かなりクチュール的印象になりますし
わざわざ別の色合わせや材料など考えなくてもよいので気軽にチャレンジできます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: