2013年08月05日

夏といえば山歩き

山歩き130805_1.jpg

関東・甲信越は梅雨明けが早かったおかげで、7月は高山植物を満喫出来ました。
7月は花の真っ盛りのシーズンですが、例年は梅雨と同時進行って具合になり、山に行けそうな日に土砂降りになったりして、フラストレーション溜まります。
今年は濡れることなく楽しめて助かりました。

何年か前から、周囲の人が富士山に行くっていう話題を多く聞くようになり、もうこのシーズンに至っては、トレッキング関連ショップに 『 富士山コーナー 』 がイチオシ! 状態でレイアウトされてて、ホントすごい。

「 山好きなのに富士山行かないの? 」
と聞かれる事もあるのですが、
私、山好きの前に植物好きなのです。
自分の愛犬に 『 山 』 という名前をつけてしまうくらい山が好きでも、多分富士山に登る機会は一生無いのでは・・・という予感がします。

山歩き130805_2.jpg

要するに、緑がたっぷり見れる山が好きです。
そういう事もあってか、もちろん山頂には行くのですが、目的地が山頂ではない感じ。
途中が楽しめれば山頂に到達しなくても全く残念ではありません。

山歩き130805_3.jpg

とはいえ、
ジェットボイルを持ってる友達が一緒だったりすると、山頂でお湯を沸かしてくれて、360度の視界の中、カップラーメンを食べるというのは、確かに至福の時かも。

500ccくらいなら、火にかけて、荷物から食べ物を出したり、カップヌードルの包装を剥いたりしている内に、 「 もう沸騰した!、2分も経ってないじゃない 」 というジェットボイルの威力を見る度に、便利かも! と買いたい欲求が最初は起きたものです。

でも、ホットコーヒーとか、そういう飲み物を日頃から摂取しない私が、600g以上あるジェットボイルを担いで登る気力が湧くかどうか・・・。
と冷静になって見れるようになりました。

熱い液体モノに目の無い人だったら便利かも。
容量や用途によってコッヘルを置き換えて使うのと違って、調理には向かないと思うけど、低燃費で安全なので、特に1人で行く人には利用価値ありそう。

しかし・・・
何だか、ウェアのボーダー率高い。
どうしてこんなにシマシマばっかり買ってるのだろう?
posted by AKA at 18:17 | 色々な時間