2013年07月23日

夏着物の暑さ対策の下着

夏の和装の時、“ どれだけ軽装になれるか ” については毎年試行錯誤しますよね。

友人から 「 今年発売のエアリズムは、梅雨時に自転車なんかに乗ってると寒く感じるくらいだし、シルキー感がある 」 と聞いて、ユニクロに行ってみる。
サラファインはなんだかそれほどでもなかった気がしていたのですが、これはトレッキングウェア並のドライ感を期待できるのかも?

売り場で見ていた時、この素材のレギンスがあればいいのに・・・と思っていたら、MEN’Sにはステテコがあることを発見。

履いているところを誰にも見られたくないほどのデザインですが、友人の言ってたクール感を実感するなら、ステテコのほうが素材の用途に向いているような気がしたのです。

着物130723.jpg


Mサイズを購入しましたが、長さは和装用ステテコとあまり変わらない気がします。
全長71cmでした。
幅があっても素材的にぐしゅぐしゅしないので、問題なしです。
かなりサラサラした着心地で気に入りました。
さばきも良い感じです。

でもドライ素材っていうのは、体の汗を体温を使って気化して体感温度を下げるってことですから、上に重ねて着るものが浴衣とか、軽いものだと爽やかな感じがします。
何枚も上に乗っけたら、あまりクール感は実感できないかも。

値段も千円しないものなので、和装用のクレープ生地のものよりお得感アリ。
正絹の着物の場合は涼しさばかり優先して、汗が着物に移るのはまずいので、汗を吸収するけど重くなるクレープや麻などと、色々なシーンで使い比べてみたいと思います。
posted by AKA at 11:11 | 和装小物について