2013年05月12日

今年の陶器市

益子130512_1.jpg

今年も行ってきました、益子と笠間の陶器市。

平日だったので仕事に向かう車も多かった為か、到着は10:30頃。
近場の駐車場は満車になってましたが、ちょっと離れた個人の駐車場を利用出来ました。
でも、余裕な状況じゃなかったようなので、10時くらいまでに到着か、午後ゆっくりのほうが余裕がありそうな感じでした。

益子130512_2.jpg

年々、白っぽい食器を作る作家さんが増えているような気がします。

使いやすそうなシャビーな雰囲気の器も多くて、どれも良いな〜って思うのだけど、普段使いを想定すると磁器よりはお高めですので、じっくり悩んで購入したいところです。
300以上のテントを見ていく内に、段々どれがいいのか感覚がマヒしてきます。
今回は「どうしても欲しい」という決め手が無くって、益子では購入しませんでした。


益子130512_3.jpg

今まで何度か通っている笠間に向かう道路の脇道に素敵なショップ&カフェを見つけました。
かなり人気があるみたいで、満席だったので残念。

陶器以外に磁器も置いてあって、ティーポットのプライスを見た時、
「 安っ! 」
大量の作家さんの陶器を見まくった後だったので、工場生産品の価格が激安に感じられて、友達と笑っちゃいました。


さて、午後は笠間に移動。

今回のメインターゲットは “ どんぶり ” でした。
なかなか気に入るどんぶりに出会えず、ずーーーーと、量産品を使い続けてて、しかも極普通のサイズで、具沢山の麺類ともなると全部入りきらなかったりして困ってました。
丼モノ、うどん、蕎麦、ラーメン 全てに合いそうなものが理想。

益子も笠間も、どんぶりを制作している人はかなり少なかったのですが・・・

笠間焼130512_5.jpg

何とか笠間で見つけて購入したのはコチラ。
表面に厚く塗られたブルーの釉薬を彫って、白い模様を出しているので、模様が立体的になってます。

大と小があって、小いさいのを買いました。
大の方は片手の親指と小指では、淵と高台に届かないという特大サイズでした。

そのせいで小さく見えただけ!
女性が持ち上げるのには限界の大きさです。
陶器は割れやすいので注意して扱わねば!

大量の野菜を高々乗っけても、まだまだ余裕。
カツ丼を盛っても、お上品に見えるくらい頼もしい容量でした。


笠間焼130512_4.jpg

予定外で買ったのは勾玉型のお皿。
リムと中心の間くらいに直径1.5cmほどの釉薬溜りが1箇所ある為に、B品の扱いで800円。
盛ってしまえば全然気にならな〜い。
食べ終わっても、残骸で見えない事も多くて気にならな〜い。
お得でした!

やっぱり今年も笠間で購入。
偶然でしょうかね?
posted by AKA at 22:04 | 色々な時間