2013年05月07日

旅館の浴衣が苦手

旅館に置いてある浴衣・・・。
「 ここのは着易いサイズだね 」 と思った事が一度も無いのですが、旅館の浴衣専用寸法っていうのがあるのでしょうか?
他の人から文句を聞いた事が無いって事は、私だけおかしな体つきをしているって事なのか?

着た直後は良しとして、しばらくすると胸元のVラインがすごく下まで開いてきて、前屈みになったらバストが見えそうになっちゃう。
次第に前あわせも浅くなり、歩くと脚が絡まる。
食事処で座ったり立ったりを繰り返す内に、うっかり裾でも踏もうものなら、はだける危険性もある。

そして浴衣のまま寝て、朝起きてみると、体の前面に帯1本だけという滑稽極まりない姿になることもある。

これってホントに私だけですか?


浴衣130507.jpg

いままで旅館ではホームウェアみたいなのを着ていたけれど、湯上りは浴衣のほうが気持ちいいので、去年着易いものを作ったのです。

変な寸法で廃棄寸前のユニクロの浴衣なら惜しくないので、思う存分改良!
おかげで快適な旅館滞在を過ごせるようになりました。

対丈で、甚平のように下前と上前の2か所を紐結び出来るようにした、浴衣風ガウンといった感じの物。
湯上りのムレムレの時は帯を結ばなくても大丈夫だし、衿が崩れる事もありません。

帯は旅館にあるのを使えばよいので、コレを一枚持っていくだけ。
いやぁ・・・作って本当に良かった。

他の女性が着ている旅館の浴衣をよーーく見てみると、どのサイズも衿下寸法が短いようなんですね。
対丈で着る設定のはずなのに、あんなに衿が長かったら、胸元の抱き合わせは浅くなるし、細帯でピタッと押さえるのは難しそう。
多分、男浴衣の寸法をそのままの比率で小さくしているのかも?
骨盤辺りで帯を締める男性陣はちゃんと着れているところを見ると、その辺が難の原因なのかもしれません。
posted by AKA at 17:45 | 和装小物について