2013年01月10日

大晦日に丸の内で着物散歩

最近、人でごった返す事の多い東京駅も、大晦日はスイスイ。
1/2にお年賀のお菓子を買いに三越に行った時の方がすごい人だった。
東京の年末年始はだんだん福袋とバーゲンを中心に人の動きが変わるのかもしれないとつくづく実感しました。

その年最後の31日って、外出にもってこいの日かもしれない。
お店はみんな開店しているし。

着物130110_1.jpg

丸の内ビルでランチした後、暖かい日だったので、銀座方向へブラブラと散策。
お店もガラガラ、どこも人が少ない。
以前みたいに大々的なイルミネーションをしなくなったので、ゆったりのんびりムードになったのでしょうね。
しかも暖かくて、羽織にショール無しで大丈夫という、年末にしては最高の散歩日和です。


エルメス130110_2.jpg


エルメス130110_3.jpg

この日ハマッた、丸の内仲通りのエルメスのショーウィンドウ。
すごいツボ!
ずっと見ていられる。

着物130110_4.jpg

細部までガン見して、写真撮って、「 アリスのウサギ、家に持って帰りたーい 」 という欲望に駆られる。
( 商品には全く関心が向かないのであった )

冬のバーゲンも始まるんだな・・・と、ちょっと偵察してみましたが、こっちはツボにはまる物が1つも無く、また今シーズンも不参加で終わりそうな気配です。
posted by AKA at 19:37 | 着物いろいろ話