2012年05月11日

浴衣の準備

「 綿着物風に着れる浴衣が欲しいなぁ 」
そう思っているのに、去年もぼんやりしていたら真夏になってしまった。

来年は新しい浴衣を作ろうと思いつつ秋が深まる頃、愛知周辺に旅行に行ったので、思い立って有松に立ち寄ってみました。

浴衣は過去選択ミスを何度もしているんです。
だから持っている浴衣の中で自分が一番着心地が良いと感じる、絞りのものを選ぶのが一番妥当かも・・・
ぼんやりと来年の浴衣についてそんな思いがあったのです。

浴衣120511.jpg

ということで選んだのはコチラ。

また、青系が増えてしまった。
夏物となると 「 いいな 」 って感じるのがこういう色の品物の確率が高くなっちゃうのかなぁ。
本当はグリーン系か紫系のものがあれば・・・って思っていたんだけど、この2系統はハマる物が少ない難しい色なので、やはり目ぼしいものに出会えなかったんですね。

模様も着物風に・・・ともっと細かい模様を選んで合わせてみたら、なんか地味すぎる。
ほどほど、ってところで、やや単調ですが唐松絞りに決めました。
普通な色に普通な模様。

手作業の物という関係もあるかもしれませんが、1模様1カラーって品も多くて、模様が気に入ると色が気に入らなかったり、逆もあったりで、そう都合良く選べない。
まぁ・・・変わったものはもっとじっくりと探して吟味して買いたいと思います。

絞りは湯のしに出さなくてはなりませんが、近所で・・・などと持って帰ると、忙しい中で忘れたまま夏を向かえるというオバカな事をやらかしそうなので、送料はかかりますがお店でお願いしました。
旅行から帰って翌々日にはもう到着! 早〜い。

さて、そろそろ縫う準備を、という事で今日洗ってシボを戻しました。
私は絞りがビッタリとプレスされて伸びきっているのはあまり好きではなく、このくらい絞りっぽさが感じられる凹凸を出すほうがイイ。
この状態なら洗濯後はノーアイロンで良いので楽だし。
夏に間に合うように縫いたいと思います。
posted by AKA at 22:03 | 着物のお手入れ 着付け