2012年02月27日

冬の羽織と刺繍帯

冬に相応しい模様の羽織は出番が少ない。
12月くらいから2月は防寒コートを着ることが多くて、羽織にする回数が減ってしまうから。

羽織の出動率を高めにするべく、この冬は意識して着ようと思っていたので、色々コーディネートも考えていたんです。
でも、「 あれを次に着よう 」とか思っているのに、タイミング逃すという連続。

羽織120227_1.jpg

3月になったらこの柄はどうなんだろう?・・・という事で、2月のうちに椿の羽織をチョイスしました。
この際帯も椿にして、一気に季節のノルマを達成しようというコーディネートです。

帯締めも帯揚げも存在感薄いモノにして、刺繍の邪魔にならないものを合わせています。

刺繍帯120227_2.jpg

相良刺繍の青竹の上に、椿の刺繍がされている帯。
椿の模様が好きなのでこの帯もお気に入りですが、カジュアルっぽくない袋帯のため、出番はかなり少なめです。

さして気に入っていない普段用の帯のほうが、共に過ごす時間が長いっていうのも残念・・・
と言って、コレを普段着と合わせてバンバン使うっていうのも合わないし。

大事にしているものほどお蔵入りみたいになっちゃいますね。
もう少し色々なローテーションに組み込まないと、疎遠なお気に入りって具合になりそうです。


そんなことより羽織で寒くないか?
と心配しましたが、ロング手袋とショールがあればさほど寒さを感じませんね。
何といっても腕です。
腕が寒くなければ大丈夫、着物で胴体が寒く感じるということはあまりないですからね。

お正月頃に映画 「 ロボジー 」の大ヒット祈願イベントで吉高由里子チャンが着物で登場して、カワイイなと思って見ていると、
腕を挙げた時、黒い長袖の下着がニョッキリ飛び出した。

女優サンも寒さには勝てないか。
しかも帯付き姿だったもの。

・着物の防寒対策へ
・冬の着物 雪の模様で