2012年02月19日

簡単 着物のヘアスタイル

「その髪型どうやるんですか?」
展覧会などで着物を着ていると、質問されることがあります。
このブログの読者の方からも髪型の悩みは聞こえてきます。

着物姿にとって、髪型って結構大切な要素だって事は分かっていても、自分で結うのって、面倒ですよね。
だから普段はパパッとまとめて、簪を挿す程度です。

着物ヘア120219_1.jpg

今日の髪型はこんな感じです。
( 前からの写真はコチラ )

3ブロックに三つ編みして、右か左に片側寄せでまとめるだけなので、超簡単です。
ポイントは右寄せなら、右ブロックの三つ編みは耳にかぶるように編んで、左ブロックは右に向かって編むだけです。
まとめるとき、右耳にかぶさるように塊を作ると、ちょっとクラシックな感じになりますよ。
( 耳かくし風に )

真後ろでまとめるよりも、簪を顔横に持ってこれるので、ポイント作りやすい。
コサージュ使いの時も合うと思います。
右寄せか、左寄せかは利き手のやりやすいほうで作ってみて下さい。
まとめ髪が苦手な方にはオススメです。

私はかなり髪が長いので、逆毛を立ててトップを膨らませたり、夜会巻きのような髪型を作るのは苦手。
巻いて、巻いて、巻いて、
最後は専用のピンも効かなくなっちゃうのです。

かんざし120219_2.jpg

ヘアアクセは着物がチェックONチェックなので、ヨーガンレールで買った四角い簪を合わせました。
カクカクした感じのイメージで統一。

挿す所がカーブしているので、少し下向きに付けても、差さってる部分は髪にしっかり嵌って、安定感が抜群。

たしか水牛の角だったと思うのですが、黒と白が売っていて、鼈甲のように白のほうが2割ほど価格が高かったです。
( ここで言う“ 白 ”とは、白鼈甲などのように、斑点や色が着いていない部分という事です )

洋服に合わせるなら黒もいいなぁと思ったのですが、髪に映えるのは白よね・・・
という事で、着物の時優先で選びました。
角だからこのカーブなのかな?
posted by AKA at 17:44 | 着物いろいろ話