2011年12月04日

羽織を主役にした着物

ちょっと派手な羽織は、着物を控えめに。
羽織から組み合わせないとコーディネートに悩んでしまいそうな柄なので、着物はワントーンにしてしまいました。

着物111204_1.jpg

色々な色が入った羽織なので、合わせる着物は比較的バリエーション広めなのですが、いつも悩むのは帯なんですよね。
着物との相性を優先すると、羽織と主張しあう感じになってしまうことが多い柄みたいです。

羽織111204_2.jpg

この日はキッパリ潔く、着物は若芽色で統一してしまいました。
たまたま同系の色の帯が在ったから組み合わせてみたのですが、通常はここまで同じ色の着物と帯を選ぶ事ってないですね。
半衿も緑系の刺繍・・・緑系と紫系という私が一番好きな色の組合せになりました。

模様は着物がストライプで、帯が麻の葉に絞りですが、素材感は似たような光沢なのです。
羽織を脱ぐとドレスのように首から裾まで一直線って感じです。