2011年11月27日

着物の柄と身長のバランス

柄が大きめの着物を着ると、一見身長が低く感じられるので、バランスは取りやすい。
無地感覚の着物より、帯下が間延びして見えないような気がします。

着物111127_1.jpg

カメラの角度や髪型の違いなどもありますが、この日は背が低く見える。( ような気がする )
このくらいに感じられるといいのですが・・・。

明治村の日の着物のように、無地感覚の着物でアクセントがあまり無いコーディネートだと、帯下が間抜け。
それでも羽織でバランスを取ったつもりだったのです。
長羽織は1m以上の丈なのに、たいして長くない感じ。
帯の胴前も17cmくらいの幅に仕立て直したのに、ちんまりと粋な感じ。

着物111127_2.jpg

実際の寸法がどうかより、柄のパワーのほうが効果あり。
この日はハイトーンな色柄モノを着ました。
普段着のラクチンな着物です。

赤・緑・黄色・青、子供のお絵かきのような色いっぱいで楽しい気分で過ごせました。
posted by AKA at 13:18 | 着物コーディネート 普段着