2011年11月08日

昭和 ノスタルジー

コンセプトととして昭和風を前面に出しているのだろうと思うものの、演出であってもこういうの、嫌いじゃない。
やるからには何でも大袈裟なくらい徹底的にされている方が、気持ちいいものである。
こういうの見る度に子供の頃の色々な出来事が思い出されて楽しくなる。

酒場111108_1.jpg

酒場111108_2.jpg

昭和と言えば、その頃から不思議に思っていた言葉で、数年前にようやく素性が分かった言葉がある。
「 あっぱっぱ 」
という服についてである!

現在放送中の朝ドラ “ カーネーション ” を見ている方ならもうご存知でしょう。
今なら 「 あっぱっぱ 」 という言葉を口にしたとしても、朝ドラに影響されてその言葉を使っているんだな、と思われておしまいでしょうね。

我家では祖母や母がその言葉を日常的に使っていて、とにかくサマーワンピの類、涼しそうなフワッとした服すべてを「あっぱっぱ」と呼んでいた。
だから子供の頃から私もつい外でその言葉を口にしてしまう・・・。

しかし、私の子供の頃は既に 「 あっぱっぱ 」 という言葉を使っている人はほとんどいなかったのです。

聞いた友達は皆、 『 ??? 』、 そして大爆笑。

しかもよりによって「 あっぱっぱ 」 というフレーズそのものが滑稽極まりない。
聞いた事ない言葉でも 「 ローブ・デコルテ 」 なーんて言葉だったらあんなに笑われなかっただろうと思う。

小学校〜勤務先まで、「 あっぱっぱ 」という言葉を知っていたのは5人程度だった。
江戸っ子の血筋の4人と、東京出身の母を持つ北海道の子の計5人。
だからずっと東京の言葉だと信じていました。

数年前にたまたま読んでいた衣装の歴史の本に

【 大阪から広まった、あっという間にパパッと着れるという事で重宝された日常着 】

という説明があって、長年のモヤモヤが一気に解消され、同じ疑問を抱いていた友達に即報告したのでした。
でもその言葉の意味については諸説あるようですね。

朝ドラ見てると、15分間に何回も “ アッパッパ ” が連発されるので 「 もっと早くにコレを放送してほしかったなぁ 」 と思った。
そしたらあんなに笑い者にならなかったのにねぇ。
posted by AKA at 18:01 | 色々な時間