2011年10月27日

ウールの着物を縫う前に

ウールの着物を何枚か増やしたいな・・・
そう思っていたところ、新古品の反物を入手出来ました。

一反¥1000

必要な人もあまりいないご時勢。
私にとっては必須衣類ですが、一般的には¥1000でヒートテックを買う方が利用価値大なのでしょう。

着物111027_1.jpg

この柄ならば20年は着れる予想。
1年換算50円。


着物111027_2.jpg

こちらはかなり “ 紬風 ” を目指したと思われる西陣ウールお召しです。


ウール着物に関しては縫う前に洗って、家で手入れ出来る着物にするのが私流です。
今は制作が詰まっていて、まったく身の回りの物を縫える状況ではないのですが、洗濯日和が続いているので、生地を洗うだけはしておく事にしました。

約12mの反物という事は、縮めると長さが足りなくなる恐れもあります。
それでも縮めないと家で洗濯できず、普段着物の用途として成り立たないので、やるしかありません。
私はウール着物を木綿の着物のように扱いたいし、縮めさえすればそれも可能になりますからね。
服地と違って、 「 じゃあ多めに買おう 」 って事が出来ないのが苦しいところです。

見た感じではピンクのウールお召しのほうが縮む予感・・・。


チェックの着物  
< 洗濯前 > 11m92cm  < 洗濯後 > 11m76cm
16cm縮みました。
1〜2%減は予想より縮まなかった感じがします。
やはり平織りは素直な布なのかもしれません。

ピンクの着物
< 洗濯前 > 11m96cm  < 洗濯後 > 11m55cm
41cm縮みました。
糸を引いたり緩めたりでヨロケ縞の柄を作っているし、フシも作ってるし・・・しかし思った以上に縮む生地でしたね。

お召しと名乗っているからには縮みそうな気配がアリアリでしたが、41cmも縮むとは・・・洗っておかなければどれだけ型崩れしたかわかりませんから、良かったのかもしれません。
私の着物は、不可欠な長さだけにギリギリ節約して裁断しても、11.7mは必要なんですが・・・
袖部分で調整しなくてはならないでしょう。

生地はそれぞれテンションが違うので、縮み方はそれぞれ。
織ってる機械の縦糸のテンションがどのくらいかなんて、とても予測不可能ですから、こういう事はしかたがありません。
posted by AKA at 23:58 | 着物のお手入れ 着付け