2011年10月24日

派手になった着物

そろそろ秋らしい着物を・・・
ということで、菊柄の紬を箪笥の底から引っ張り出しました。
もう何年も袖を通していない着物です。

着る機会が無かったのは、私の好みが変わったからでは無く、私の体型が変わったからです。

着物111024.jpg

これは後幅が28cm、前幅が22.5cm。
20代後半で作った着物は、そこから20年くらいを想定して余裕の寸法で仕立ててありますが、それより前のはスリムです。

着物は洋服より幅の調整が利くけれど、その許容範囲を超えた体重増加のためにお蔵入りだったのです。
最初は暢気に 「 その内痩せるだろう 」 と思い、その内痩せなくなり、着物の事も忘れました。

当時服のサイズは7号でしたからねぇ・・・
春頃の話ですが、私の傍で私を探す父の姿を目撃し、声をかけると 「 あまりにオマエの姿と違うから分からなかった 」 って・・・。
親すら認識不能になるほどの太り方なのかと、相当落ち込み、以来体型管理に少し気をつけるようになりました。

元の通りとは程遠いのですが、3ヶ月ほど頑張って、最近少しサイズダウンしたので試しに着付けたら何とかなってちょっと嬉しい気分になりました。
しかし!

数年経って 「 もう大きい模様は派手ね・・・ 」 となってしまったんですね。

さっさと仕立て直せばよかったんです。
こんな風に、しばらく着ないでいると、いつのまにやら似合わなくなるって事が、これからどんどん多くなっていくんでしょう。
大きな古典柄は色が地味でももうダメですね。

全然シミも付けずに着てきた着物ですが、この先どうしましょうねぇ。
染の着物なら染め替えって方法があるけれど、紬の場合は・・・?
濃い色をかけて無地にするとか?

ふと紬用の羽織に仕立て変え、っていうのも思い浮んだけど、この先こういう悩みが増えていくから対処を考えなければ。
posted by AKA at 16:55 | 着物コーディネート 紬