2011年08月07日

夏の無地 涼しく見える着物

待ち合わせ場所に現れた着物姿の私に友達が笑った。

「 そんなしっとり涼しげな雰囲気かもし出してるのに、鼻の下に大きな玉の汗がいっぱいだよ 」

気温は低くめとはいえ猛烈な湿度・・・。
でも傍目に涼しそうに見えるのならば一安心、周りから暑苦しい存在に思われたら最悪ですもんね。
胸高に帯を締めると汗腺が止まって顔に汗をかかないらしいけれど、そんなお嬢ちゃんな位置に帯を締める訳にもいかず、困った事です。

着物110807_1.jpg

今日は黄色系の色無地の紗着物と紗の帯。
全身ワントーンな印象になるようにしました。

夏は 「 涼しげにしなければ! 」 という意識が強迫観念のようになっている為か、必然的に青系のものばかり身につけてしまう。
そして夏も半ばになると飽き飽きしてしまうのです。


着物の世界では翡翠は夏のアイテムなので、アクセサリーは翡翠にしました。
どうして翡翠が夏用なのか? と疑問に思いつつも、調べもせずにルール通り単衣の時期にしか身につけていません。


ハスの花110807_3.jpg

今日は不忍池のハスでも見ながら散歩。
駅の中より風が吹き抜けたりして案外過ごしやすい。

着物110807_2.jpg

後で写真を見て思った事。

色無地って可愛らしい方が着ると、清楚な感じがするアイテムなのに、私が着ると粋な感じになっちゃう・・・。
全身から出る雰囲気ってどうしても変えられないんだろうか?
見るからに可愛らしいデザインの柄を意識的に選ぶようにしているけど、色無地はどうすればいいのだろう?
夏物は特に悩ましい。
posted by AKA at 10:14 | 着物コーディネート 紬