2011年07月01日

フリーザーパンク

110701.jpg

先日、点心をあれこれ買い求めて帰宅し、冷凍庫に入れようとすると、コレが全く入らない。
大事な点心を守るため、アイスクリームを小型のタッパーに小分けにするという、聞いたこともないような事までしてスペースを空けました。

節電の折にこんな旧式の小さい冷蔵庫を使い続ける事は、不便の前に非常識の域に達しているのでは? という気がしてきたので、この際買い換えることにしました。
噂では冷蔵庫は移動シーズン後の初夏に価格が落ちると聞いたことがあるし。

しかし、まったく予想が甘かったのは価格ではなく、各社のウリの方向性が違う為にどれがいいのか全く、全然、少しも見当がつかなかったという事です。
その上、随分長いこと新商品から遠ざかっていた為、キッチン家電なのに“ 白 ” が無いメーカーがあることに困惑する。

日立 : 真空チルド
三菱 : 動くん棚・切れちゃう冷凍
パナ : エコナビ運転 ナノイー
東芝 : Wツイン冷却 ピコイオン
シャープ : プラズマクラスター

キャッチフレーズじゃ良く分からない。
家電芸能人みたいに頼れる人も周囲にはいないし。

家電売り場に行く時に、冷蔵庫に絶対入れなければいけない、テキスタイルの制作作業に必要な冷蔵管理の助剤の容器を持ち込み、ヨーグルトマシーンの専用容器を測り、色々な物のサイズをメモして、売り場でメジャーで計ったり、内部の棚に入れてみたり・・・

しかも、必要なのは400Lそこそこの大きさなのに、大きいほうがハイスペックな上に電気代がかからない、しかも販売価格が安いという想定外なことまで明らかに・・・どうなっているのだ?


【日立】
・真空チルドは真空ではなく、その上4年程度でパッキンの交換が必要、チルドの高さが低いので、チルドに入れるべきヨーグルトの容器が入らない
・棚が独特で、我家には使いにくそうだった。

【シャープ】
・特徴が乏しくて魅力を感じなかった・・・今シャープのどっちでもドアを使ってて最高だったけど。

3日目にしてようやく3社に絞り込めた。

【三菱】
・やっぱり棚が動くのは便利だし、パーシャルの機能は良さそう、冷凍から出して切れるのは魅力。
 ただ、ミッドフリーザーの為に野菜室が小さい・・・野菜生活の私には致命的?

【パナ】
・機器部をどうせ使いにくい一番上に設置してあるので、冷凍庫と野菜室が広い。
 だけど、冷蔵庫内部の奥行きが極端に狭いので、冷凍庫命!の人には向いてる。

結局迷った末に【東芝べジータ】に決めることが出来た。

致命的マイナス要素がなかったのと “ 白 ” があったという事で。
(手垢の目立たない冷蔵庫は私にとっては大変危険な存在になるだろう)
温度感知センサーなど機能の点では【三菱】がとっても良かったのだけど、収納不可欠な物のサイズが納まらないことが分かり、諦めなければならなかったのでした。

絶対入れるものがあればチェックして見に行かないと、使いにくいものを買ってしまうところでした。
そんな事してるのは私だけみたいだったけど、みんな平気なの?

結局3日間でビックカメラ、ヤマダ電機、コジマ電気、K´s電気を周り、仕様書を見比べ、ネットのクチコミを読みまくり、ヘトヘトになりました。
結局、3日間勉強しても、“ ナノイー ” と “ ピコイオン ” と “ プラズマクラスター ”は、どれがどれに比べてどれだけいいか・・・曖昧なまま終わりました。
目に見えないものをどうかする話は苦手です。
結局プロダクトデザイン出身者は3Dの世界観でしか判断出来ないのだろうか。

今までの買い物の中で確実に一番大変だった。
posted by AKA at 20:33 | 色々な時間