2011年06月14日

着物にレースをプラス

せっかく梅雨の中休みなのだから、暑さ本番になる前に単衣着なければ!

先日洋服でいいや、と外出した先で
『 今日は着物じゃないんですね 』
と言われて、
「 あっ、いや・・・今日はその、・・・ええ、そうなんですけど・・・ 」
訳分からんことをモゴモゴとシドロモドロな感じで喋ったので、変な女に思われたかもしれません。

10日も着物を着てないとは! と思っていたところだったので、なんだか宿題を忘れた子供みたいな心境で、言い訳したくなっちゃったのかもしれません。

着物110614_1.jpg

さて、なんとなく、いつも初秋に着ている単衣の紬に袖を通してみました。
色がまったく初夏っぽくないから、少々無茶な選択です。

白っぽい帯を組合せたら、こってりした感じも少しは和らぐかなぁ・・・と思い、花柄の半幅帯と半衿はレースにしました。
もともと爽やかなアイテムが少ないのでコレが精一杯というところです。

必要は無いけれど帯締めをすると背中が安定するので、カジュアル向きの丸組みにレースの帯留を通してみました。
さりげない普段着にはカジュアルで可愛らしい感じがします。
白っぽい色との組合せだと目立たないのですが、それがさり気無くて好みです。

着物110614_2.jpg

友人が
「 作ろうと思えば作れそうだけれど、作りそうもない物 」
というセレクトでプレゼントしてくれたものです。

裏がレース編みのベルト通しのような形状になっているので、ヘアクリップに通したり、ブローチにしたり大活躍しております。
ありがたい。

夏のレース素材のコーディネートのまとめ役として、子供っぽくないナイスなアイテムです。
posted by AKA at 22:01 | 着物コーディネート 紬