2011年05月07日

笠間陶器市

益子を朝から堪能したので、ランチの後2時過ぎに笠間の陶器市 “ ひまつり ” に移動。
益子〜笠間はだいたい30分くらいで到着します。

笠間の街に入ると、ブルーシートに覆われた屋根が沢山目に入りました。
茨城はやはり余震も多いし、関東の中では被害が大きいのだと、景色を見てつくづく実感しました。


笠間ひまつり110507_1.jpg

地域の皆さんが大切に守ってきた笠間焼。
余震も続く中、制作に打ち込みイベントを開催するって大変な事だと思いますが、訪れる人も多かった様子ですし、この活気が心の支えになったら良いのにと思いました。

笠間ひまつり110507_2.jpg

街のあちこちが会場化する益子と違って、笠間の陶器市は大きな公園が会場になり、200くらいのブースが立ち並びます。
周囲は芝生の気持ちの良い広場なので、お弁当を持ってピクニック感覚で行くのもイイ。

笠間ひまつり110507_3.jpg

マップもちゃんと用意されていますので、お目当ての作家さんもチェックしてたどり着けます。
時間のロスなく順序良く周れるので、すごく買い物はしやすい印象。

私はもともと笠間で陶器を購入することが多い為か、欲しい作品が複数あって迷いました。
「 次のご縁を残して・・・ 」
そう思ってあれこれ買わずにガマンしました。

その日はその足で東京の実家に戻るので、友達を車に乗せて東京に帰宅。
常磐道は目立った渋滞も無く、三郷ICまで1時間くらいで到着。
とてもスムーズに予定を遂行出来た充実の陶器市の1日でした。
posted by AKA at 00:06 | 色々な時間