2011年05月06日

益子陶器市

いつも楽しみにしている益子陶器市。
震災の影響でどうなってしまうのかしらと心配しましたが、期間を少し短縮して開催されました。
前半のほうが人出が少なくて見やすかったようです。

趣向を凝らした可愛いブースが沢山並んでいてワクワク、俄仕立てと思えぬ仮設店舗ばかりですごいなぁと関心します。
作家さんごとに約500のお店が設置されているらしいのですが、どこでもスペースがあればお店になっちゃうので、正確な参加人数が把握できないらしいです。
ですから、どこに〇〇さんのブースというような地図はありません。
そんないきあたりばったりなのも面白さかもしれません。

益子陶器市110505_2.jpg

「 行くんだけど・・・ 」
の声かけにすぐ反応した友人1名が前日我家に泊まり、早朝一緒に車で行くことになりました。
そして前日に共通の友人から連絡が着ました。
「 早起き出来たら、私も行きます! 」

フットワークの良い愛すべき友達です。
夫婦で早朝に東京から電車で来て無事合流しました。
電車で益子まではアクセスはかなり大変ですから、お疲れ様って感じです。
( アクセスと駐車場はこちらを参照 )

1人や夫婦で行くのも良いけれど、やっぱり女同士は楽しいものです。
友人は陶器のランプを買うか迷ってましたし、私も色々迷ったものがあったけど、お互いに 「 それは使い難いよ 」 とかアドバイスし合えるので、冷静に選択できます。

楽しいけれど、生憎空模様は不安定な1日でした。
突然突風のような強い風が吹くたびに、近くで 「 ガッチャーーン! 」 と音がするのでドキドキ。
割れ物にとっては雨より恐いのは風ですね。
作家さん達はテントを押さえたり四苦八苦されていました。 ( 作品割れちゃって可哀相でした )


益子陶器市110505_1.jpg

雨がパラついたら常設の陶器ギャラリーに入って物色しつつやり過ごす。
こういうお店も普段より少し割引が行われているのでお買い得。

食器以外にもオブジェやボタンなどの気軽なアクセ、時計やシェードなどのインテリア関連もあるので、食器に興味なくても楽しい作品は沢山あります。

益子陶器市110505_3.jpg

カフェも沢山あるので、休憩場所には事欠きません、益子の器で提供されるフード類で満足満足。

人出は少なくなるとの予測も出ていましたが、活気は通常通りの印象でした。
午前中にはあちこちの駐車場が “ 満車 ” の看板を立てていました。
少し遠い無料駐車場もあるらしいけれど、会場付近の場所に待たずに駐車するには9時半くらいまでに行くほうが安心です。

早めに出かけたので、しっかり目的の品物も見つけられ満足の益子陶器市でした。
posted by AKA at 00:49 | 色々な時間