2011年05月02日

春の刺繍半衿

春らしい半衿に出合ったので購入してみました。

刺繍半衿110502_2.jpg

筍、土筆、蕨。
美味しそうな春の里山を思わせる風情。

淡い色が春らしくて、題材としても使う時期は1〜2ヶ月といった狭いものですが、着物や帯の時期の狭いものに比べれば、僅かな金額で風情を楽しめるし、使う回数は多そう。
半襟というささやかな面積で季節を取り入れるのも一案だと思いました。

刺繍半衿110502_1.jpg

こちらも使いやすいベージュのもの。
クローバーにミツバチ。

こっちは多分秋でも平然と使ってしまうかもしれません。
ベージュ色は合わせやすくて重宝する色ですから。

どちらも豪華さはなく、さりげない感じなので、紬でも比較的馴染む雰囲気です。

半襟はつけるのも面倒ですが、私は最も重要視しているパーツなので、手を抜けません。
四六時中、衿の事ばかり考えているのです。
その思案の割にはイマイチになったり・・・。
難解な部分で悩ましいです。
posted by AKA at 18:00 | 和装小物について