2011年03月14日

軽い混乱? 買占め行為

110314.jpg

今回の東日本地震で被害にあわれた方々に謹んでお見舞い申し上げます。
募金なども窓口が開設され始めたので、微力ながら参加し、電気を使わないようにするくらいしかまだ出来ませんが、一日も早く安心して日々を送れるようになる事を祈っています。


ところで地震以降、被災地でもない近所での出来事に当惑しています。

日々の買い物に出る前、他に無くなっているものをチェックしたところ、お米やトイレットペーパーとティシューも無い。
これでは車で行くか? そう思ったが車のガソリンが極僅かなことに気が付いた。
いつも利用するガソリンスタンドは反対の方向なので、重くなるのを承知で自転車で行くことに。

大型スーパーを目指していると、途中でダンボールを掲げた女性を発見。
【 本日終了 】
なんなの? 不思議に思いつつ進むと数十メートル先のガソリンスタンドには

“本日分のガソリンの販売は終了しました”

まだ昼前なのに・・・!
そして車道の渋滞が見る見るひどくなっていく・・・これは?
次のガソリンスタンドで給油を待つ、車・車・車が引き起こした渋滞。

これはもう今日我家の車にガソリンは入れにいけないなと見ただけで諦め、超大型スーパーマーケットに自転車を乗り入れたとたん目にした、人・人・人!
 
「 只今店内への入店を規制しております! 」 メガホンで叫ぶ店員の前にアトラクションを待つかのような長蛇の列・・・
何かのイベントか? 意味がわからない。

買い物を終わらせた人の大型カートの荷物を見ると、ペットボトルの水のダンボール箱、どっさりとカップラーメン、何袋ものトイレットペーパー、そして大量の食料と日用品をトランクに必死に詰め込んでいる。

流石にガソリンの次にこの光景を目にした時、迂闊にも狼狽してしまった。

ど、ど、どうしよう。
我家のトイレットペーパーはあと2ロールしかないのに、買えなかったら何で拭けばいいのだ?

テレビを見ていても 「 東日本にから物資が無くなり、被災地以外でもキャンプ生活になるでしょう 」 とは言っていなかったはずだが。
私は何か重大な情報を聞き逃してしまったのか?

入店は諦め、ローラー作戦に切り替えた。
ドラッグストアで僅かに残ったトイレットペーパーとティシューを一袋づつ掴み、レジに並ぶと、周囲の人は4袋・5袋とオムツを買っていく人が多く、棚は空っぽに近い。
これでは、私のようにぼんやりしていた母親はオムツが買えなくなってしまうではないか。

このままでは、ある家には有り余るくらいのオムツやトイレットペーパー、ある家には物資が無くなり奔走する・・・そういう事になってしまうのは目に見えてるのに、どうして “ お1人様2個まで ” とかの規制を店がしないのか不思議でたまらない。

日本では災害時に略奪行為などは起こらない、品位ある国民性と信じていたのに。
恐怖心というのは人間の心に何がしか影響を及ぼし、略奪とは程遠いけれど、過度の保身に走らせるものなのだな・・・と今日ほど感じたことはありませんでした。
posted by AKA at 20:07 | 色々な時間