2010年12月20日

ピンクの爪皮を手作り

爪皮101220.jpg

牛革のエナメルが手に入ったので、雨の日用の下駄の爪皮を作りました。
かなりの厚みがあるしっかりしたピンクの水玉模様のエナメル革!
これはもう爪皮にするのにピッタリじゃないかと、革を見つけた時ちょっとウキウキしました。

・爪皮の作り方と型紙はコチラ

柄モノの革でエナメルとなると、タイミングに恵まれないと手元に巡ってこないものです。

ビニールレザーだとかわいい柄も沢山あるのですが、やっぱり本革の丈夫さには劣ります。
何処か破れたりすると、そこからどんどん裂けてしまったり・・・
革はそういうことはありませんから安心です。

しいて難を言えば、防水という点ではビニールと違って完全無浸透という訳にはいかない。
念の為、裏にナイロンを貼っています。
素材を重視して作ってしまいますが、今までも本革エナメルの爪先から雨が浸み込んで困った経験はないので、どしゃぶりの状況で着物は着ないからなんとかなってます。

黒とピンク、雨の日に着る着物ともコーディネートしやすそうです。
近頃はピンクの抵抗感が無くなってきてるので、結構重宝しそうな予感。

とはいえ、大掃除の際に出てきたこれらの不要物。

101220_1.jpg

ピンクピンク過ぎる!
でも女性ホルモンは活発になりそうだ・・・。

ちょっと前まで、『 全部ピンクづくしの家に住む女社長 』 なんていう画像をテレビで見たりすると
「 エグい・・・ 」
って拒否反応を示していたのですが、最近では少し解釈が変わってきた。

「 ピンクが大大大好き! 何でもかんでも全部ピンク! っていう人って、大抵アグレッシブで元気だよなぁ・・・すごいなぁ・・・ 」  

淡いピンクじゃなく、写真みたいな真っピンクって色の強さに怯んだりするけど、それは自分のエネルギー不足もあるんだと思う。
そういう強い色合いに平気で取り囲まれていられる人って、健康で強い人間の証だと思うようになって、ちょっと賛美の眼差しを向けるようになりました。
posted by AKA at 13:24 | 着物まわりの小物を手作り