2010年12月01日

着物と羽織 着物と道行

杜若色の羽織に縞の縫取りお召しを合わせました。
帯は模様の中に羽織と同じ色があるものを組合せています。

羽織101201.jpg

最近羽織の紐はアクセサリーっぽいデザインをつけることが多いのですが、この日は羽織と帯にリンクするような色合いの太めの羽織紐を付けました。
着物は濃色にしようかどうしようか迷った末、主に春の時期に着ている薄い色に。

お昼に待ち合わせをしてランチ後、終了前日の香水瓶の展覧会を見に庭園美術館へ。
激混みでした。
それでもちゃんと並べばイライラするほどは待たずにケース前で見る事が出来ますし、1人じゃないので、話をしながらだと気にならないものですね。

時間がかかったので、見終わったらすっかり日が暮れていました。
お庭は紅葉ライトアップの真っ最中。
暗すぎて写真は無理かなぁ・・・と弱気でしたが、一緒に行ったのがカメラに強い友人で良かった! 色々教わりながら撮るのも楽しかったです。

庭園美術館101201.jpg

「 この暗さじゃ人と紅葉のライトアップの両方を写すのは無理でしょ 」 と言われつつもチャレンジ。
私のカメラで彼女に撮ってもらったほうは流石、悪条件の中ブレてない。
撮られる私もできるだけ微動だにしないようにしましたけど。

いつだって彼女に写真を撮ってもらうのが一番安心なんですよね。
光の条件が悪いとかをあのちっぽけな液晶で判断できるみたいで、
「 顔をもう少し傾けて 」 とかの顔の向きの指示やら
「 一歩左に寄れ 」 という立ち位置まで
撮られるほうはいい加減にスタンバイしてるだけで分からないから、指示してちゃんと写してくれると嬉しい。
それに自然な表情で撮ってくれます。

特にこういう夜のシーンやら、ムーディーなライティングの店内だと、人相が悪く写るので、
“ カメラってやっぱ腕よねぇ〜 ”
と当たり前の事を再認識してしまうのでした。

この日彼女が着ていたのは大島。 ( 暗くて悪画像でゴメンなさーい! )
羽織ではなく道行のアンサンブルって珍しい。

着物101201.jpg

20才頃にお母様が用意してくれたものを初めて出して、着る時に道行だったと知ったらしいのです。
「 なんで?・・ 」 「 帯が見えないからまるで雨ゴート・・・ 」 
等など・・・想定外の気分だった様子でしたが、私もその頃作ったのはほとんど道行だったから、多分流行ってたんですよね。

ちょっと前は道行しか着なかった記憶がある。
ここ7〜8年はロングの羽織が流行っていますが、その前はそういう羽織を着ている人はほとんどいませんでしから。
着物も変わらないようで緩やかに流行ってものがありますねぇ。