2010年09月22日

秋なのに実は夏の着物

淡い色の着物が似合わなかったのと、この暑さで、涼しい着物に逆戻り。
着物愛好家を泣かせた夏がなかなか終わらないですね。

9月も半ばを過ぎたら単衣の着物に単衣の帯、透けない衿と帯揚げ。
ですが、“ ルールなんて知ったこっちゃない ” という組合せの着物コーディネートになっております。

着物100922.jpg

着物は夏物。 ( とは言え、濃色にしました )
半襟は自分で刺繍した絽です。 ( これまた濃色にしました )
帯は夏物が飽きたので透けないものです。 ( 帯くらいは耐えられる )
お太鼓にするとトンチンカンなのが目立つので、変形蝶結びっぽくしました。
中身は全て真夏モノで対応。

和装小物のルールは帯を標準に定められていますが・・・。

● 透ける帯・・・半衿・帯揚げは絽
● 透けない帯・・・半衿・帯揚げは透けない物

常識からしたらメタメタな組合せですが、知っててやってる場合はいいかと。
当然暑いからそうしてるって、誰でも分かる陽気ですから。

まだ30度以上あるから、目安となるルールなど目安にもなりません。
命を優先して調節。
こんな時期外れの頃に熱中症で運ばれたら失笑をかうので、気をつけます。

暑い暑いと思っても、流石に真夏とはやっぱり何か違う。
真夏だと着付けの最中から汗をかくのに、着付けの時に汗が出るということはなくなりました。
ポジティブに考えれば、今年の暑さを体に叩き込んどけば、普通の夏は着物生活も楽になるかもしれないですね。
posted by AKA at 20:45 | 着物コーディネート 紬